第23回  浜松医科大学  同窓会松門会  学術奨励賞  公募要項

趣    旨:

医学に関する研究分野において学問の進歩に寄与すると認められる優秀な研究に対して学術奨励賞を授与し,将来の一層の飛躍を期待する。

受賞者の選定:

原則として浜松医科大学同窓会松門会正会員を対象とする。
応募論文は過去5年以内の医学に関する雑誌に掲載されたもの及び本奨励賞の応募に際して特別に執筆されたものを対象とする。
応募は自薦,他薦を問わないが,他薦の場合は推薦者の推薦理由を附することが望ましい。
受賞者は,浜松医科大学同窓会松門会学術奨励賞選考委員会において,若干名が決定され,賞状及び副賞20万円が授与される。

<学術奨励賞選考にあたっての申し合わせ事項>

「医学に関する研究分野において学問の進歩に寄与すると認められる優秀な研究」を選考する中で,下記の事項も考慮する。

本邦においてなされた独自の研究を重視する。
単発の仕事ではなく,継続性が認められる研究を重視する。
海外での仕事であっても,申請者の貢献が多大であり,研究が(できれば本邦で)継続されている場合はこれを重視する。
基礎的な研究だけではなく,臨床研究も重視する。

応募要項:

1  応募方法:応募に際しては次の書類を PDF で作成し、浜松医科大学同窓会松門会事務局
( E-mail:     kn18121307アットマークrx.tnc.ne.jp )に申し込むこと。
ただし、アットマークは半角の@に変更して下さい。

(1)応募論文のコピー1部
(2)論文審査願い(様式1)1部
(3)論文内容要旨(様式2)1部
(4)業績目録(様式3)1部
(5)履歴書(様式4−1&4−2)1部


用紙はこちらからダウンロードしてください     応募用紙(様式1〜4)

(応募用紙は、docx型式で作成されています。ブラウザーから「ファイルの保存」を選択し、ご自分のパソコンにファイルを保存した後に開いてください。)

2  締切日:平成30年4月1日必着
3  受賞論文ならびに受賞者の発表は平成30年6月の予定です。

浜松医科大学同窓会松門会 会長 梅村和夫